living room

費用が異なる場合

修理費用はタイプによって異なってきます。

窓ガラスの修理にかかる費用は、窓ガラスの大きさや種類によって異なります。しかしながら、一般的な透明ガラスの場合は、一枚につきだいだい数千円から一万円前後が相場といえるでしょう。ガラス代に加えて技術料や出張料がかかる場合もあります。また、高所の窓ガラスを修理する場合には、足場を組んで作業する必要があるため別途費用がかかります。一方、くもりガラスや強化ガラスの場合には、一般的なガラスに比べると費用が多くかかります。くもりガラスは一般的なガラスに比べて若干高価な程度ですが、強化ガラスとなると一枚につき最低でも一万円以上はします。修理業者によって若干費用に違いがあるので、複数の修理業者に見積もりを依頼するのも良いでしょう。

防犯や防災に役立つタイプもあります。

時代の変化とともに、窓ガラスの担う役割も変化してきています。窓ガラスは、単なる戸の一部分、というだけではなくなってきているのです。防犯に役立つ窓ガラスとして、ワイヤー入りのタイプが存在感を見せています。このタイプは、ガラスの内部に網目状にワイヤーが張り巡らされています。万が一ガラスを割られてしまっても、ワイヤーが侵入者を遮るようになっているのです。また、飛散防止効果のある強化ガラスの普及度も高まっています。火災や地震が発生すると、窓ガラスが割れることがあります。割れたガラスが床などに飛散すると、踏みつけて怪我をする危険性が生じます。飛散防止効果のある窓ガラスは、割れたとしても飛散しないようにできているため、安全性は高いといえるのです。